ツーショット&伝言ダイヤル『華の会グループ』 ツーショットダイヤルコラムツーショットダイヤルの成功率を高められる「非言語コミュニケーション能力」

出会い成功 [Posted Date] 2021.10.06

ツーショットダイヤルの成功率を高められる「非言語コミュニケーション能力」

ツーショットダイヤルは、男女が話を楽しんだり、お互い気が合えば会って楽しむなど様々な楽しみ方ができるツールです。
そのシステムの特性上、「トークが上手じゃなきゃいけない」と思われがちなのですが、実はトークの内容以外にも重要なポイントがあります。
その代表的な能力が「非言語コミュニケーション能力」です。
いわゆる「言葉以外のコミュニケーション」のことで、この能力があればツーショットダイヤルで実際に会って楽しめる確率を高められるわけです。
この記事では、そんなツーショットダイヤルの成功率を高められる「非言語コミュニケーション」について解説していきます。

非言語コミュニケーションはどんなもの?

冒頭でも解説した通り、非言語コミュニケーションとは「言葉以外のコミュニケーション」のことで、笑顔などの表情や仕草、身振り手振りといったコミュニケーションの事を指します。
米国の心理学者のメラビアン氏が提唱した「メラビアンの法則」では、相手の印象を決める要素が「視覚からの情報が55%」「聴覚からの情報が38%」「言語からの情報が7%」という割合で影響しているということが証明されたのです。
要するに、言語以外の要素が90%以上を占めているので、普段感じている以上に見た目や聴覚を刺激することが重要であるということです。

ツーショットダイヤルは視覚での情報を与えられないのでは?

ツーショットダイヤルは言葉でしかやり取りができず、視覚による印象を与えることができない為、「非言語コミュニケーションがあっても意味がないのでは?」と思いますよね。
しかし、実際に女性と会って仲良くなるわけですから、後々視覚からのコミュニケーションも必要になります。
ということで、まず意識しなければならないのは「聴覚と言語」に関するコミュニケーションを円滑に行うということです。
特に聴覚で与える影響は言語よりも大きいので、話す内容よりも「声のトーンや聞きやすさ」などを意識した方が良いでしょう。

女性と同じ会話のテンポやトーンを心掛ける

ツーショットダイヤルを行う際、女性も少なからず緊張しているわけですから、会話が始まった途端にまくしたてるように話し始めると恐怖心を感じ電話を切られてしまいます。
非言語コミュニケーションである「声のトーン」や「はっきりと喋る聞きやすさ」「話すスピード」などを意識しながら話を進めることができれば、女性は安心して話をすることができるはずです。
「女性に興味を持ってもらうように話の内容を濃くしよう」と意識していても、残念ながら大きな影響を与えることはできないのです。

実際に会うことができたならば「視覚と聴覚」からの印象を意識する

もしも女性と実際に会えることになったのならば、まず自分自身の外見を意識しましょう。
清潔感のある状態を作るだけでなく、事前の電話での会話の際に好みの男性の髪型や服装などを聞いておき、その外見に寄せるということも重要です。
できるだけ好みの外見に寄せながらも、「笑顔」や「目を見て喋る」といったその他の非言語コミュニケーションにも気を付けて話をします。
この時も、聴覚情報である「声のトーンやスピード」なども気を付けなければなりません。
話す内容まで細かく意識してしまうと、どの要素も疎かになってしまいますので、視覚情報と聴覚情報を主に意識するようにします。
女性の話に対してしっかりと目を見て相槌を打つことができれば、話の内容が濃くなくても安心感を与え、「この人といると楽しいな」という印象を持ってもらえるのです。

まとめ

今回は、ツーショットダイヤルの成功率を高められる「非言語コミュニケーション」について解説してきました。

・相手に与える印象の内、「言語」の割合は意外と少ない
・ツーショットダイヤルでは、女性と同じ会話のテンポやトーンを心掛ける
・実際に会うことができたならば「視覚と聴覚」からの印象を意識する

これらの事実をしっかりと理解しながらツーショットダイヤルでの会話や実際に会ってからの対応を意識すれば、きっと女性とより仲良くなることができるはずです。

『華の会』番組のご案内

  • 熟女専門ツーショットダイヤル「華の会」
  • 60歳以上のシニア専用ツーショットダイヤル「熟年電話倶楽部」
  • テレホンH専用ツーショットダイヤル「人妻テレホン」
  • SM専用ツーショットダイヤル「SMマニア通信」

よく読まれている人気記事