ツーショット&伝言ダイヤル『華の会グループ』 ツーショットダイヤルコラム性欲が強い「ラビッ妻」とは?パン旦那との関係にモヤモヤ

How to [Posted Date] 2021.01.21

性欲が強い「ラビッ妻」とは?パン旦那との関係にモヤモヤ

結婚してしばらく経つと、旦那さんの性欲がだんだん少なくなっていくことがあります。
反対に妻の性欲は上昇!このような状況にある女性を「ラビッ妻(つま)」と呼びます。
夫婦間で性欲に違いが出てきてしまうので、何か対策を取っておかないとお互いの不満に繋がってしまう可能性も。
ラビッ妻の特徴や問題解決のためのポイントなどについてご紹介しましょう。

ラビッ妻って何?

名前の由来は、ウサギ化にあります。
動物の中でもウサギは性欲が強いことからこの名前が付きました。
実際に自分は性欲が強いと感じている女性は多く、その中には「昔に比べて性欲が強くなった気がする」と感じている方も多いのです。
結婚をしてから何となく性欲が強まってきたと感じている方は、ラビッ妻になった可能性を疑ってみましょう。

パン旦那とラビッ妻の違いとは?

もしも女性側の性欲が強まったとしても、旦那さんがそれに応じてくれれば何も問題はありません。
しかし注意しなければならないのが「パン旦那」が増えているということ。
これは「パンダ」+「旦那」を表す言葉です。
パンダは発情期が非常に短い動物で、性欲の少ない男性をパンダに見立てた表現となっています。
つまり女性側は性欲が増えていくのに対し、反対に旦那さんは性欲が落ちてしまうということ。
そのため夜の営みに満足できない女性が増えてしまうのです。
見方を変えれば、旦那さんが「パン旦那」状態になってしまったからこそ、モヤモヤとした気持ちを抱えている女性が増え、それがラビッ妻を作っている原因ともいえるでしょう。
パン旦那になってしまうと相手からのアプローチも少なくなり、自分の魅力がなくなってしまったのか、女性として求められていないのかと不安になってしまいますよね。

パン旦那になる原因は?

原因は人によって違いますが
仕事で疲れていて性欲が湧かない奥さんにドキドキしない特に理由はない など。
自分の旦那さんはどういった理由がありそうか探ってみましょう。

夫婦で問題を解決していくポイント

女性側が求めても旦那さんに断られる状態が続いてしまうと大きな不満に繋がります。
これを解消するためのポイントは次の3つです。
現状に満足していないことを伝える
パン旦那の場合、疲れているなどの理由から性欲が落ちてしまっている可能性があります。
そういった男性の中には、奥さんが不満を持っていることさえ知らない方もいるのです。
奥さんから誘えばそれだけで解決するケースもあるため、現状に満足できていないということをはっきり伝えてみるのもおすすめの方法だといえるでしょう。
自分磨きをする
結婚前に比べてメイクも服装も体型もだらしなくなってしまったということだと、旦那さんの性欲が少なくなってしまうのも仕方がありません。
しっかり自分磨きをして旦那さんにアプローチしましょう。
自分磨きをしても結果が出るまでには時間がかかってしまうことがありますが、美しくなろうと努力している奥さんを見ると、それだけでもうれしく感じてくれるはずです。
コミュニケーションを増やす
セックスレス状態にある2人は、会話も少ない傾向にあります。
まずは会話を増やし、お互いの仲を深めていくことに挑戦してみてはどうでしょうか。
その中で少しずつスキンシップも増やし、旦那さんを意識させてみてくださいね。

ラビッ妻脱出のために

奥さんだけが性欲が強い状態になってしまうと旦那さんに対して不満を感じやすく、それが原因で離婚の危機に繋がってしまうこともあります。
モヤモヤした気持ちを抱えているのなら、きちんと旦那さんと話し合いをする機会を設け、お互いの気持ちに寄り添っていけるようにしたいですね。

『華の会』番組のご案内

  • 熟女専門ツーショットダイヤル「華の会」
  • 60歳以上のシニア専用ツーショットダイヤル「熟年電話倶楽部」
  • テレホンH専用ツーショットダイヤル「人妻テレホン」
  • SM専用ツーショットダイヤル「SMマニア通信」

よく読まれている人気記事